エネルギー伝授:レイキや各種ヒーリングエネルギーの伝授(アチューンメント)をしております。受けていただきやすい価格で、臼井式レイキを伝授|癒しの風ふうみ(滋賀県近江八幡市)

「新天地」エネルギー伝授

インドの神々によるパワフルなヒーリングエネルギー。アチューンメント(伝授)を受けると、自己ヒーリング・他者ヒーリングをすることができます。

悟りとはハートを開くこと。心を開き自分の愉しむ道へと導く歓喜のエネルギー

「心天地(しんてんち)」エネルギー伝授 創始 癒しの風ふうみ

[エネルギー伝授料(対面・遠隔)]
約90分/18,000円(税込19,440円)
★エネルギー浄化セッション付き、テキスト・認定証あり。

インドの神々のサポートにより創られたオリジナルの新しいヒーリングエネルギーです。

インドの神々である、パールヴァティ(+カーリー、ドゥルガー)、ラクシュミ、ガネーシャ、そして、インドのアセンテッドマスターであるクート・フーミとともにパワフルにワークします。

『心天地(しんてんち)』のエネルギーは、今世だけでなく過去世の転生中にハートに受けた深い傷を癒します。心を開き天地とつなぐエネルギーラインを形成し、疲れや、傷ついた心、そして、チャレンジャーの魂を癒します。過去での体験を(良し悪しの区別なく)今に統合するのです。そして、ハートを開くよう働きかけ、ハートにエネルギーを満たします。

私たちの魂の進む道、悟りへの道は、実はハートを開くことへの道です。 特に、過酷な環境に生まれてきたり、壮絶な経験をたくさんして来た、魂的にチャレンジャーな方には特におススメな、パワフルなエネルギーです。あなたの魂の系譜をたたえ、よろこびの世界への扉を開きます。もともとある自分自身に戻る、思い出す、立ち還るように働きかけるのです。

その他、必要に応じて過去世の癒し・豊かさの受け取り・ブロックの解放・エネルギーチャージ等をし、その人が持っている本質を輝かせるように働きかけます。

 

[心天地(しんてんち)のエネルギーの特長]
(※その方に必要な癒しが起こりますので、必ずこうなるというわけではございません)

・過去の傷(過去世、幼少期等)の癒し、浄化、統合(特に浄化力が強い)
・過酷な経験をしてきた人のサポート
・精神的な疲労、心・魂の傷を癒す
・喉(実生活と目に見えない部分の統合器官)の解放(=頭とハートをつなぐ)
・体の余計な力を抜き、体をゆるませる
・聖なるものとつながるハートを開き、ハートにエネルギーを満たす
・豊かさと喜びを受け取るサポート(そのためのブロックの解放)
・エネルギーチャージ(パワフルなエネルギーの補充)
・魂意識・真我とのつながりの強化(自らの魂の望むことを知る)
・インドの神々とのパイプの強化

★エネルギー伝授について
・このエネルギーを使ってご自分や他者にヒーリングができるようになります。有償でのヒーリングも可能です。ヒーラーさんにもオススメです。(プラクティショナー伝授なので他の人へのエネルギー伝授はできません)
・伝授は、対面または遠隔の「Skype・電話」にて行います。所要時間は約90分です(事前セッションも含め、その方によって時間は変わります)。伝授後には認定証を発行します。

 

[伝授内容、伝授の流れ]
エネルギーと使い方の説明 → エネルギー浄化(30~60分間程度、浄化のためのセッションをさせていただきます。時間は人により異なります) → エネルギー伝授(インドの神々との霊道を開きます) → 実際にエネルギーを出してもらいエネルギーが出ているかチェックいたします。

[エネルギー伝授を初めて受けられる方へ ~基礎ヒーリングレッスンについて ]
「エネルギー伝授」 は、基本、レイキ等を学ばれヒーリングの仕方の基礎がわかっている方向けです。伝授等を受けられたことがなく、ヒーリングをするのが全く初めての方の場合は、事前に別途日程で「基礎ヒーリングレッスン」をお受けください(12,000円)。基礎的なヒーリングの技術をお伝えし、基本回路を開きます。
◎料金:12,000円(約120分) ◎対面レッスンが基本です(遠方の方もご相談ください)。

[エネルギーの検証をしていただいた方からの感想(一部抜粋)]

☆札幌市 YMさん
受け取って早々、サードアイへの反応が来てしばらく続き、頭全体を活性化しているような印象を受けました。
「あ、マインドが変わるんだ」と思ったのを覚えています。
愛のエネルギーがみなぎってきたような感覚がしました。温かく、心地よく、癒やされていました。
その際に見たビジョンで、光の私が、苦しみ叫ぶ闇の私を抱いて、「もういいよ」となぐさめている様子が見えました。光の私は闇の私を愛おしく感じて、力強く苦しみ悶える闇の私を抱きしめています。抱きしめながら愛おしさで、涙が出ました。それから、「愛を受け取ってもいいんだ」というメッセージが来ました。その後は眠ってしまいました。
また、「愛」についての理解が深まった感じがします。主人の愛に気づき、もっと愛そうと今は感じていますし、私がいかに愛することを恐れ、自分自身が「愛」を受け取ることを拒否していたのか気づきました。もっと自分自身に「愛」を受け取る許可をしたいと思います。

☆京都府 NKさん
まずは音が聞こえてきました。そして、腰のあたりが温かくなりました。腰の痛みを伝えていたので、その部分のヒーリングをしていただいているのかと思いながら、受けていました。すると、腰から胃の裏側、心臓の裏側と上に向かって温かくなってきました。下に向かってお尻の方も温かくなりました。
そしてそれと同時に、愉快なエネルギーだと思いました。
少し落ち込むことがあり滅入っているような状態だったのですが、白く温かなエネルギーを背中から感じながら、嬉しいような慈しまれるような感覚でした。
私の中に、流れてくる(勝手に)という感覚ではなくて、私の外から照らしてくれているイメージです。必要なものを必要なだけ受け取ればいいよって感じでしょうか。異質なエネルギーを流し込むという感覚ではなくて必要なものを必要な分だけ受取って、思い出していけばいいよって感覚でした。
素晴らしい経験をさせていただきありがとうございました。

☆生駒市 MKさん
始まってすぐに「もう前に出るのはこりごり」「後ろで控えめにしているのがいい」「失敗して恥をかきたくない」等の思いがわいてきました。その後、鮮明な赤→黄→青→緑色がぐるぐる回転しながらこちらに向かってきました。 そして「前に出たくないなら出なくていいし、出たくなったら出てもいいよ」というメッセージを感じました。 その後、先ほどの鮮明な色に黒がどんどん混じって真っ暗になっていきました。最初は色んな思いを体験したかった。チャレンジャーで好奇心旺盛だった。ところが、色んな思いを体験してそれにはまっていき、小さな心の傷がどんどんたまって、鎧のように身動きできなくなり、 最初色々やってみたかったというチャレンジ精神や好奇心もすっかり忘れて固まってしまったようでした。
そして、光が差してきて、いぶしたゴールドのような色になっていき、「もう十分体験しました。これからは自由です。自由です。自由です。何をやってもOKです。もしまたマイナスにはまりそうになっても、すぐに逃げていいのです。あなたは肉体を持った神様(創造主)と同じ。これからはなんでも好きなように自由に体験していいのです。」 というメッセージを感じました。
その後、オレンジ→黄→紫色と順に感じている時、「あ、これはチャクラのバランスを取ってもらっているのでは?」と思いました。深い浄化と癒し、チャクラバランシングを感じました。

☆高松市 KMさん
エネルギーを受け取っている時は、過去に自分が経験した悲しかったことやこうしたかったという後悔の念を追体験した感じがしました。終わった後は頭の中のモヤが晴れたようにスッキリと清々しいく感じました。
失敗や経験を糧にして次のステージに進もうとしている自分が見えました。次に、明るい大きな光が見えて、自分はそちらの方向に向かっていくのだと導かれました。 これから起こる出来事(未来に)に希望を持ち、とても前向でワクワクしました。その後は、気持ち良くて寝てしまいました。
自分がこれから進もうとしている道が在ることを気づかせてくれるエネルギーだと思いました。あと、やっぱり自分はこうしたかったんだと言う再確認。
自分の進べき道を見失いそうになった時導いてくれる、もしくは見失いかけていると教えてくれるのでしょう。

癒しの風foomiのお申込・ご予約フォームへ

 

[ご予約から伝授までの流れ]
【1】まず、ご予約をお願いします(→ ご予約・お問合せフォームへ)。
【2】当方で内容を確認し、日程、振込先など必要事項をご連絡(休業日を除き、2日以内にご返答いたします)。
【3】問題がなければ、伝授料金をお振込みください。この時点でご予約確定となります。
【4】伝授の日時をご相談の上、決めさせていただきます。
【5】ご指定の日時に伝授を行います。

【エネルギー伝授をお受けになる方へ】

  • ヒーリングは医療行為ではございません。また、いかなる診断も処方箋を出すこともできません。
  • 現在、医療機関等に通院されている方、薬を服用されている方は、主治医にご相談のうえ、ご自身の判断と責任においてお申し込み下さい。当方ではいかなる場合でも一切の責任を負いません。
  • 浄化のヒーリングをさせていただいた後のエネルギー状態によっては、伝授をお断りすることもございます。
    (あまりに心身の状態が悪い方は、伝授の前にまずはヒーリングのセッションをお受け下さい。)
  • その他、注意事項やお伝えしなければならないことは、伝授時にお知らせいたします。
ページの一番上へ